So-net無料ブログ作成

口蹄疫拡大、獣医不足が深刻化…全国に派遣要請(読売新聞)

 宮崎県で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」が拡大の一途をたどる中、牛や豚を殺処分したり、診察したりする獣医師の不足が深刻化している。

 政府が新たに打ち出した総合対策で、20万頭以上の牛と豚へのワクチン接種が20日から始まる予定だったが、獣医師が集まらないため、この日のスタートを断念。牛などの大型の家畜を専門とする獣医師は多くないことから、農林水産省は畜産関係団体を通じて、ボランティアの獣医師を募り始めた。

 同省では口蹄疫発生当日の4月20日、都道府県を通じて、全国の家畜保健衛生所などに応援を要請。宮崎を除く46都道府県から2人ずつ派遣されているほか、国の動物検疫所の獣医師も含め、現在140人が宮崎入りし、殺処分にあたっている。単純計算すると、1人当たり約500頭を殺処分したことになり、「かなりハードな仕事ぶり」(同省幹部)だ。

 しかし、19日、発生地域から半径10キロ圏内の牛や豚約20万5000頭にワクチンを接種する政府の方針が決まり、人手不足に拍車がかかった。感染地域で殺処分にあたってきた獣医師は、未感染の農場にウイルスを広げてしまう可能性があるため、まだ感染していない牛や豚へのワクチン接種にはかかわれないという。

 このため、同省は、都道府県にさらに1人ずつの派遣を要請。国の機関や宮崎県内の獣医師と合わせて200人体制で臨むとしている。1人あたり1000頭に注射しなければならない計算だが、増員が完了する日取りも決まっていない。

 獣医師免許の保持者は全国で3万5000人いるが、そのうち、牛や豚など大型の動物を専門に扱う獣医師は4000人前後しかいない。獣医師でもある農水省の担当者は「家畜は大きさや種類によってかなり対処の仕方が違う。慣れない獣医師がすぐに注射できるかどうか。これ以上感染が拡大したらパンクする」と不安を漏らす。

 この獣医師は、「牛を殺処分する際には、数人がかりで押さえるが、短時間で首の静脈に薬液を注射しないと牛が暴れ出し、けられることもある」と、殺処分の大変さを指摘する。

 農水省は、「牛や豚を扱い慣れている獣医師なら、ぜひボランティアで宮崎に来て」と呼びかけている。

      ◇

 口蹄疫問題で政府が決定した総合対策を巡り、宮崎県内の関係9市町長は20日、東国原英夫知事と面会し、地元の声を政府に伝えるように申し入れた。

仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
普天間移設 首相「辺野古」を初表明 「混乱招きおわび」(毎日新聞)
口蹄疫 いたる所に石灰散布…最大の感染地・川南町ルポ(毎日新聞)
西日本の大雨、24日にかけて東日本に拡大(読売新聞)
「大阪を実験に使って」橋下知事、特区構想を力説(産経新聞)



小沢氏、再聴取 自民など証人喚問要求(産経新聞)

 東京地検特捜部による小沢一郎民主党幹事長の事情聴取を受け、自民党の谷垣禎一総裁は15日、神戸市内で記者団に「事情聴取は当然だ。小沢氏は宣誓した上で証言するのが基本だ」と述べ、証人喚問を求めた。

  [フォト]「検察もがんばっちゃったねえ」石川被告は電話で談笑

 共産党の穀田恵二国対委員長も「政権政党の幹事長が3回も検察の聴取を受けること自体が異常だ。証人喚問は待ったなしだ」とのコメントを発表。新党改革の舛添要一代表は「小沢氏は証人喚問や参考人招致に応じて説明責任を果たすべきだ」と語った。一方、公明党の山口那津男代表は「公開で衆院政治倫理審査会を開催すべきだ」と述べた。

【関連記事】
早期幕引き狙うが…首相と小沢氏が背負う重い「責任」
世論無視「絶対辞めない」小沢氏、今度は“アリバイ工作”
渡部氏、印籠ならぬ“引導”!?「ケジメをつける」
小沢氏、参院選にらみ幕引き図る? 早かった聴取応諾
内閣支持率19.1%「国民がいらだちを強めておられる」

<タンチョウ>ヒナすくすく 北海道・釧路(毎日新聞)
携帯投げつけ、次女けがさせる…父親を逮捕(読売新聞)
多額保険、養子縁組の直後=袋詰め遺体、同居の夫妻と−大阪府警(時事通信)
<薬事法違反容疑>未承認薬販売 社長ら逮捕 愛知県警(毎日新聞)
NHK、受信契約へ本腰 業者に訴訟、一般世帯には簡裁申し立て(産経新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。